共同募金について

共同募金について
~じぶんの町をよくするしくみ~


赤い羽根共同募金運動は10月1日から全国一斉に行われます。

みなさまから寄せられた募金はいったん『鳥取県共同募金会』に集められ、3割を鳥取県内へ、7割を大山町へ配分されます。

鳥取県内では、災害見舞金、災害時に設置されるボランティアセンターや福祉団体の活動準備金積立、福祉施設の整備に使われています。

大山町内では、一人暮らし高齢者世帯で買い物や通院等に交通手段が無い方へ外出支援タクシー券の配布、自治会などの地域福祉活動への助成、町内の小中学校で行われる福祉教育の補助金としてとして活用されています。

共同募金配分金活用助成事業(赤い羽根共同募金)

 自治会やグループで地域福祉を推進する事業に対し、総事業費の3/4以内(上限10万円)を助成します。

布団クリーニング事業(歳末たすけあい募金)

 65歳以上の寝たきり高齢者等、支援が必要な方を対象に布団クリーニング事業を行います。

防災グッズ配布事業(歳末たすけあい募金)

 70歳以上の一人暮らしの高齢者世帯に防災グッズを配布します。